1. 現在のページは:ホームの中の
  2. 倉庫業型と不動産型 — トランクルームの2つの種類のページです。

どちらを選びますか — 2種類のトランクルーム | 倉庫業型と不動産型 — トランクルームの2つの種類

皆さんは、同じ「トランクルーム」という名前で呼ばれていても、2種類のサービスがあることをご存知ですか。

一般に、トランクルームと言われるサービスは、大きく次の2つに分類されます。

倉庫業者による「トランクルームサービス」

テツソーのトランクルームサービスは、こちらに該当します。
ここでは「倉庫業型トランクルームサービス」と呼びます。

非倉庫業者による「トランクルームサービス」

不動産業者などが運営するサービスです。
ここでは「不動産型トランクルームサービス」と呼びます。
(レンタル収納スペースとも呼ばれます)

この2つのサービスは目的も信頼性も使い勝手も大きく異なります。
ここではそれぞれの違いについて、詳細に見ていきましょう。

目的の違い — 「荷物を預かる」と「場所を貸す」

一番大きな違いは、サービスの目的です。

倉庫業型トランクルームサービス

「倉庫業型トランクルームサービス」の目的は「お客様のお荷物をお預かりする」ことです。
当然、お預かりしたお荷物に関しては、業者側に保管義務があります。
お客様と結ぶ契約は、物品をお預かりするための「寄託契約」になります。

不動産型トランクルームサービス

「不動産型トランクルームサービス」の目的は「お客様にスペースをお貸しする」ことです。
お客様と結ぶ契約は、場所を借りるための「不動産賃貸借契約」になります。

責任範囲の違い — 「業者による保証」と「利用者の自己責任」

目的が違うので、責任の範囲も違います。

倉庫業型トランクルームサービス

「倉庫業型トランクルームサービス」では、お預かりした荷物は、業者が責任を持って保管します。

万一、破損や汚損が生じた場合は寄託契約に基づいて業者が補償します。

このため業者には火災保険への加入が義務付けられています。

不動産型トランクルームサービス

「不動産型トランクルームサービス」では、基本的に荷物の管理は、利用者の自己責任です。

破損や汚損に際しての補償に応じる業者は必ずしも多くありません。保険の有無も業者によって違います。

防犯レベルの違い — 「厳しい管理で安心」と「便利さ優先」

さらに防犯、レキュリティのレベルも違います。

倉庫業型トランクルームサービス

「倉庫業型トランクルームサービス」では、厳しい管理で盗難を防止しています。

高度な防犯設備の設置義務付けに加えて、荷物の出し入れも営業時間中に係員の立ち会いの下で行うのが一般的です。24時間利用できない不便さはありますが、防犯上は安心です。

不動産型トランクルームサービス

「不動産型トランクルームサービス」では、サービスの便利さが優先され、防犯レベルはまちまちです。

24時間自由に出入りできるサービスが多い反面、防犯設備の設置などは業者の自由裁量に任されているため、事前に確認しておくことが必要です。

安心感レベルの違い — 「国が認めたサービス」と「規制なしのサービス」

さらに防犯、レキュリティのレベルも違います。

倉庫業型トランクルームサービス

「倉庫業型トランクルームサービス」は、国がそのサービス内容を定め、優良業者を認定するサービスです。

サービス内容は、国土交通省が定めた「標準トランクルームサービス約款」に基づいているため、業者によるばらつきが少なく、安心して利用できます。

さらに一定の基準を満たした業者は「優良トランクルーム」として国土交通省から認定されているため、優良業者の選択も簡単です。
もちろん、テツソーも、「優良トランクルーム」の認定を受けています。

不動産型トランクルームサービス

「不動産型トランクルームサービス」には、国や行政機関の規制はありません。

規制を受けていないため、サービス内容も業者によってさまざま。ビルの中で温湿度調節を行なうサービスから、屋外コンテナボックス、バイクの保管専用のバイクコンテナまで様々なサービス形態があります。

利用料金も、防犯や保険などの有無なども業者によって異なるため、利用に当たっては事前に確認しておくことが必要です。

大切な荷物を預けるのなら「倉庫業型トランクルームサービス」

大切な荷物を預けるのなら「お客様のお荷物を責任をもってお預かり」し、「万が一の時の補償」もあって、「防犯レベル」も高いうえ、「国が定める」サービスを提供する「倉庫業型トランクルームサービス」を。

中でも「優良トランクルーム」と認定されている「テツソートランクルーム」がおすすめです。