1. 現在のページは:ホームの中の
  2. 上手な梱包術の中の
  3. 品物別の梱包方法の中の
  4. 電化製品のページです。

大切なお荷物をキチンと残すために。 | 上手な梱包術

ここでは、いざという時に役立つ、品物別の梱包方法をご紹介しています。

電化製品

小型電化製品

炊飯器、ポット、トースター、コーヒーメーカー、パン焼き器、ミキサー(ミルサー)、ホットプレート、加湿器、空気清浄機、除湿機、布団乾燥機、電気ストーブ、セラミックヒーター、ガスヒーター、ハロゲンヒーター、扇風機、アイロン、ドライヤー、体重計、電動髭剃り、AV機器(コンポ、ビデオデッキ、DVDプレーヤー・DVDレコーダー、チューナー、アンプ、プレーヤー、スピーカーなど)、パソコン、プリンター、スキャナー、スタンドライト(卓上タイプ)、電話機(FAX)などはお客様自身で梱包をお願いいたします。

購入時の箱が残っている場合は、その箱に入れてください。ない場合はエアキャップで包んでダンボール箱に入れ、隙間にはクッション材を詰めるか、その他の雑貨などを入れて埋めてください。また必ず赤いマジックで「壊れ物」とダンボール箱に明記してください。小型電化製品の種類によって注意点が異なりますので、以下をご参考にしてください。

<注意ポイント>

  • AVケーブル、配線などは全て外してまとめ、リモコンも含めてひとつの箱に詰めてください。配線などを外す前にケーブルと差込口に番号や記号を付けておくと接続時に便利です。
  • ポットや加湿器などは本体やタンクの中の水をしっかり抜き取ってください。
  • 精密機器は万一に備えて、事前にデータのバックアップを取っておいてください。
トースター
加湿器
DVDプレーヤー
PC・プリンタ
電機スタンド

冷蔵庫

運搬の前日までに中身を空にして電源を抜き、冷蔵庫内の水気や霜などをきれいに取っておいてください。事前に電源を抜いておかないと、運搬中に冷蔵庫から水が出て他の家財を濡らしてしまう恐れがあります。また製氷皿の氷も忘れずに取り出しておいてください。食品は常温保存ができるもの以外、当日までに食べていただくか処分をお願いいたします。本体は運搬当日にキルティングパットなどで当社が梱包いたします。

洗濯機

排水ホースは完全に水を抜いておいてください。ドラム式洗濯機の場合、運搬する際にドラムの固定金具が必要な製品が一部ございます。購入時に付属していた金具をご用意ください。本体は運搬当日にキルティングパットなどで当社が梱包いたします。

テレビ

配線は取り外してコード類は束ねておいてください。運搬当日は本体はエアキャップなどで当社が梱包いたします。リモコンはお客様自身で、梱包・管理をお願いいたします。またご希望の場合、取り外し工事を当社で承っております(有料)。

電子レンジ

電子レンジ内の受け皿は、別途梱包してダンボール箱に詰めてください。運搬当時、本体はエアキャップなどで当社が梱包いたします。

エアコン

専門家による取り外し工事が必要になります。事前にお知らせください(有料)。運搬当日、本体はエアキャップなどで当社が梱包いたします。またリモコンは取り外しの際に必要となりますのでダンボール箱に入れないでください。

※有料工事に関して事前にお申し出がない場合、ご手配ができません。

食洗機・ウォシュレット

専門家による取り外し工事が必要になります。事前にお知らせください(有料)。運搬当日、本体はエアキャップなどで当社が梱包いたします。

※有料工事に関して事前にお申し出がない場合、ご手配ができません。