1. 現在のページは:ホームの中の
  2. 上手な梱包術の中の
  3. 品物別の梱包方法の中の
  4. 衣類・寝具のページです。

大切なお荷物をキチンと残すために。 | 上手な梱包術

ここでは、いざという時に役立つ、品物別の梱包方法をご紹介しています。

衣類・寝具

衣類

下着や肌着、デニム素材の物はMサイズのダンボール箱に。洋服、セーター、ニットなどはLサイズ、和服、着物などは着物(和服)専用のダンボール箱へ入れてください。洋服をハンガーごと吊るして梱包ができる専用のハンガーBOXを別途有償にてご用意しておりますのでお申し付けください。

つま先とかかとを互い違いにし、靴の底同士を合わせた状態でダンボール箱に平らに並べます。一段並べたらその上に専用包み紙を広げて二段目も同様に靴を平らに並べてください。Mサイズのダンボール箱なら約3段、Lサイズならで約5段まで並べられます。靴べらや靴磨きなどの雑貨は隙間に入れると良いでしょう。

バッグ

大きめの旅行バッグやリュックサックなどはLサイズのダンボール箱に。ハンドバッグ、ショルダーバッグなどはMサイズのダンボール箱に詰めてください。同じくらいの大きさのバックを交互に入れると型崩れ防止になります。また革製バッグは購入時の不織布に入れておくと金具によるひっかき傷が防げます。

帽子

衣類などの上にふわっと入れるとつぶれず、型崩れも防げます。

貴金属、貴重品 ※保管不可

現金、貴金属、宝石、各種通帳、印鑑、カード、骨董品、有価証券、重要書類などはダンボール箱へ入れず、お客様自身で持ち運び、管理してください。

寝具

布団、掛け布団、毛布、枕などは専用の布団袋をご用意しております(有料)。布団袋には一枚ずつ布団を入れ、枕やシーツなども隙間に入れます。最後にひもで3ケ所しばります。 かさばらない枕やシーツはダンボール箱に入れてください。また布団の間に割れ物、壊れ物を挟むのはやめてください。