1. 現在のページは:ホームの中の
  2. 上手な梱包術の中の
  3. 品物別の梱包方法の中の
  4. キッチン・食器のページです。

大切なお荷物をキチンと残すために。 | 上手な梱包術

ここでは、いざという時に役立つ、品物別の梱包方法をご紹介しています。

キッチン・食器

鍋・フライパン

壊れる心配は少ないのでダンボール箱にそのまま入れて構いませんが、金属同士がこすれると傷つく場合があります。予防のため間に専用包み紙を挟みましょう。

包丁

厚紙などを二つ折りにして、刃の部分を巻きつけて抜けないようにテープで止めます。

はし・フォーク・スプーン

ダンボール箱の中であばれないように、まとめて専用包み紙に包みましょう。食器棚の小引き出しは、エアキャップやタオルなどで引き出し全部を包んでダンボール箱に入れておけば、荷解き後の収納がラクに行えます。但し壊れ物は避けてください。

食器

ダンボール箱の底にショックを和らげるクッション材を入れます。クッションにはエアキャップ(プチプチ)が最適ですが、ない場合には専用包み紙を小さく丸めて底に敷き詰め、その上に専用包み紙を平らに敷くことでクッションになります。

食器は一枚ずつ丁寧に専用包み紙に包みましょう。広げた専用包み紙の上に食器を置き、四隅から折るように包みます。

四隅から折るように包む

最後にテープで止める

小さいお皿はダンボール箱に縦にして詰め、大きい皿は横にして詰めます。ダンボール箱の中で食器が動かないかチェックして、動くようなら専用包み紙を丸めて詰めます。食器だけでパンパンに詰めるとダンボール箱に圧力がかかった際に中身が割れてしまうので、9割くらいで抑えて隙間にクッション材を詰めるのがポイント。また必ず赤いマジックで「割れ物」と目立つようにダンボール箱に明記しましょう。

専用包み紙を丸めて
クッション材を作る

その上に専用包み紙を敷く

グラス、コップ

食器同様にエアキャップや丸めた専用包み紙などをクッションとして、ダンボール箱の底に入れます。

専用包み紙を広げ、グラスやコップを横にして端からくるくる転がして巻き、余った部分は中に折り込みます。持ち手がある物、くびれているグラスなどは細い部分を専用包み紙で一度包んだ後、全体をもう一度包みます。

ダンボール箱の中には縦に並べて入れ、二段にする場合には一段目の上にエアキャップや専用包み紙を敷いて仕切ります。二段目も同様に詰めていきますが、二段目は横にして並べても構いません。食器同様に9割ほど入れたら、クッション材を詰めて動かないようにします。最後にダンボール箱に赤いマジックで「割れ物」と明記しましょう。

コップ

ぐるぐると転がして包む

余った部分を中に折り込む

グラス

細い部分を包む

全体を包む

カップ
ソーサー
急須
ダンボールにつめる

ビン・調味料 ※調味料は保管不可

未使用の物はグラス類と同様に専用包み紙を広げてくるくる転がして包み、縦にしてダンボール箱に入れます。使いかけの物はビニール袋に入れて口の部分を輪ゴムで止め、専用包み紙に包みます。その際、横にすると中身がこぼれてしまうのでビンなどを立てた状態で手に持ったまま包みましょう。

ビニールに入れる

輪ゴムをする

専用包み紙で包む

食料品・容器類 ※食料品は保管不可

そのままダンボール箱に詰めます。米びつに入っているお米は一度出し、ビニール袋に入れてからダンボール箱に入れてください。粉などもビニール袋に入れてからダンボール箱に梱包してください。